つみたて先進国株式はどのような投資信託か?商品概要とおすすめポイントを解説

  1. TOP
  2. 証券口座
  3. つみたて先進国株式はどのような投資信託か?商品概要とおすすめポイントを解説

つみたて先進国株式は三菱UFJ国際投信のインデックスファンドです。日本を除く先進国の株式市場を投資対象としている銘柄です。2023年03月31日時点で純資産総額は1106.9億円を突破しています。

今回はつみたて先進国株式の商品概要やおすすめポイント、評判や運用できるおすすめ証券会社などを解説します。つみたて先進国株式に興味を持っている方はぜひ参考にしてください。

 

つみたて先進国株式は低コストで長期投資をしたい人におすすめ!

つみたて先進国株式は以下のような方におすすめです。

  • 投資を始めたばかりの初心者の方
  • 成長の安定した先進国に分散投資したい方
  • コストをなるべく抑えたい方

 

つみたて先進国株式は先進国22ヶ国の株式に投資することから分散性が高く、ローコストでありながら先進国の経済成長を期待した運用が可能です。そのためじっくり資産を育てる長期投資向きと言えるでしょう。

長期投資を実施する上で重要なポイントは信託報酬です。一般的なインデックスファンドの信託報酬は年率0.2%など日々かかるコストとなるため、長期で運用するほどその金額は馬鹿にできないものとなっていきます。つみたて先進国株式であれば信託報酬は十分に低い水準と言えるでしょう。

2つみたて先進国株式の評判を紹介!

ここではつみたて先進国株式の評判を紹介します。

つみたて先進国株式の口コミ・評判

つみたて先進国株式のメリット
  • auカブコムのiDeCoで運用できる商品としては良い
つみたて先進国株式のデメリット
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックスには劣る

auカブコム証券のiDeCoで運用できる商品として「つみたて先進国株式」を高く評価する口コミが見られました。

一方で、同じ三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」とくらべると劣ってしまうというマイナスな評価も見られています。

いずれも「MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)」をベンチマークとしたインデックス投資信託ですが、「つみたて先進国株式」の信託報酬率が0.220%なのに対し、「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」は0.1023%となっています。

 

3つみたて先進国株式の3つのおすすめポイント

つみたて先進国株式の主なメリットは以下の3ポイントです。

  • 先進国経済の成長による株式市場価格の上昇を期待した運用ができる
  • 低コストで運用できる
  • カントリーリスクに対応できる

 

それぞれ詳しく紹介します。

先進国経済の成長による株式市場価格の上昇を期待した運用ができる

つみたて先進国株式は日本を除く先進国の株式に投資するインデックス型投資信託です。

比較的安定した成長が期待できる先進国に投資します。

先進国22ヶ国の株式に投資することからリスク分散が効いており、安定した成長が期待できる銘柄です。

低コストで運用できる

投資信託で最も気をつけるべきコストは保有額に対して年率でかかる信託報酬です。

金融庁のデータによれば、つみたてNISAの対象商品で投資先を内外・海外とするインデックス型投資信託の信託報酬平均は年率0.34%となっています。

同じ分類に所属するつみたて先進国株式の信託報酬は0.220%と、同系統の投資信託の中では十分に低めです。

つみたて先進国株式はコストを抑えた投資信託運用にもおすすめできる商品となっています。

カントリーリスクに対応できる

「カントリーリスク」は投資先の国・地域におけるクーデターや災害等によって相場や金融商品の価格が変動するリスクのことです。投資先が特定の国や地域に集中するほど、このリスクは高くなります。

先進国22ヶ国の株式に投資するつみたて先進国株式であれば、特定の国や地域へ投資先が集中することを避けられるので、カントリーリスクを低減する効果が期待できます。

 

4つみたて先進国株式を運用できるおすすめの証券会社3選!

SBI証券 楽天証券 auカブコム証券
総合評価
sbi
★★★★★
スクリーンショット 2024-06-17 142355

 

★★★★★

au
★★★
独自サービス 三井住友カードを使って投信積立を行うと最大還元率は5% 楽天カードを使って投信積立を行うと最大還元率は1% auPAYカードを使って投信積立を行うと最大還元率は1%
新NISA対応

対応

対応 対応
公式サイト 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

ここではつみたて先進国株式を運用する上でおすすめの証券会社3選を紹介します。

証券会社選びで迷っている方はぜひ参考にしてください。

SBI証券

sbi

グループ1000万口座突破のネット証券大手!

公式サイトで申し込む PR
おすすめポイント
  • 1日100万円までの取引なら手数料無料(国内株)
  • 投資信託の保有でTポイントやdポイントがたまる
  • 三井住友カードの投信クレカ積立で最大5.0%のVポイントがたまる
  • IPO引受社数NO.1(2022年3月通期)
  • 充実の米国株&投資信託ラインナップ

SBI証券は、2023年中に国内株の手数料無料化を目指しており、コスト意識が高い人であれば注目必須の証券会社です。

国内の個別銘柄はもちろん、米国株をはじめ世界9カ国の銘柄に投資できます。米国株の取扱銘柄数は6000を超えており、主要ネット証券最高水準。

現在、国内株は0円から取引可能であり、IPO取り扱い銘柄数も、主要ネット証券(SBI・楽天・松井・マネックス・auカブコムの5社)の中ではダントツの実績を誇っています。

また、投資信託のサービスも充実しており、保有額の最大0.25%がPontaポイントやTポイントとして還元されるほか、投資信託の購入には「Tポイント」「Pontaポイント」を1ポイント1円として利用できるので、少額から投資したい方にも最適です。

投資信託の購入に三井住友カードを利用すれば、最大5%のポイント還元が受けられ、たまったVポイントは1ポイント1円で投資信託の買付に利用できるほか、景品との交換やキャッシュバックサービスにも使えます。

楽天証券

img_8ffadae57c3e1c2173b8b54f168022364254-1

総合口座1000万突破!楽天グループの人気ネット証券!

楽天証券を申し込む PR
楽天証券のメリット
  • 国内株取引手数料が無料
  • 投資信託のラインナップが豊富
  • 楽天カードで投資信託を買うと楽天ポイント還元!

楽天証券は1000万口座を超えている日本屈指の証券会社です。楽天カードを使って投信積立を行うと、ポイント還元率最大1%で楽天ポイントが貯まるほか、投資信託の購入に楽天ポイントを利用できます。

そのため「普段から楽天ポイントを貯めている方」におすすめのネット証券会社です。

また、楽天証券と楽天銀行を連携するマネーブリッジを利用すれば、楽天銀行の普通預金金利が最大0.1%になるのも魅力的。株の購入時には、証券口座の不足分が楽天銀行の普通預金残高から自動入金される自動入出金(スイープ)サービスも便利です。

auカブコム証券

au

Pontaポイントユーザー必見のネット証券

公式サイトで申し込む PR
ポイントの解説
  • 投資信託の保有でPontaポイントがたまる(最大0.24%)
  • 投資信託のクレカ積立でポイント還元率1%(Pontaポイント)
  • auマネーコネクトでじぶん銀行の円普通預金金利が100倍

auカブコム証券は、Pontaポイントを貯めている方におすすめの証券会社です。

投資信託の毎月の積立金額をau PAYカードで決済すると、1%のPontaポイントが還元され、貯まったPontaポイントは投資信託の積み立てにも利用可能です。

さらに、月間平均保有残高に応じて最大0.24%(年率)のPontaポイントが貯まるので、運用益だけでなく、Pontaポイントも資産の一種として増えていくでしょう。普段からPontaポイントを貯めている方には、auカブコム証券をおすすめします。

 

 

5つみたて先進国株式とは?商品概要を紹介!

 

つみたて先進国株式は日本を除く先進国の株式に投資する銘柄です。

インデックス運用のため日本を除く先進国の株式市場の値動きに連動するよう設計されています。主な実績やステータスは下記の通りです。

項目 内容
騰落率(期間収益率)     -1.2%(過去1年)
+93.8%(過去3年)
ベンチマーク     MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)
購入時手数料     0円
信託財産留保額     0円
信託報酬率     0.220%
投信会社名     三菱UFJ国際投信
基準価額(1万口当たり)     1万9317円
分配金(設定来)     0円
純資産総額     1106.9億円
非課税制度     ・NISA
・iDeCo
主な取扱金融機関(NISA)     ・SBI証券
・楽天証券
・松井証券
・マネックス証券
・auカブコム証券
主な取扱金融機関(iDeCo)     ・auカブコム証券

 

手数料は購入時手数料が無料、信託財産留保額も無料となっています。また、主な手数料である信託報酬は保有額に対して年率でかかり、年率0.220%と十分に低めの設定となっています。

設定来分配金は0円のため、「分配金なし」のファンドを求めている人におすすめです。

組入銘柄数は1272銘柄で、内訳は以下の通りです(2023年3月31日時点)。

投資国・地域の内訳(上位10ヶ国)

国・地域     割合
アメリカ 68.8%
イギリス 4.4%
フランス 3.6%
カナダ 3.4%
スイス 2.9%
ドイツ 2.5%
オーストラリア 2.2%
オランダ 1.3%
スウェーデン 1.0%
デンマーク 0.9%

 

組入上位10業種

業種 比率
医薬品・バイオテクノ・ライフ 8.5%
ソフトウェア・サービス 8.3%
資本財 6.5%
テクノロジ・ハードウェア・機器 6.4%
金融サービス 6.3%
銀行 5.2%
メディア・娯楽 5.1%
半導体・半導体製造装置 5.1%
エネルギー 5.0%
ヘルスケア機器・サービス 4.4%

 

組入上位銘柄10社

社名 割合
APPLE INC 5.0%
MICROSOFT CORP 3.9%
AMAZON.COM INC 1.8%
NVIDIA CORP 1.3%
ALPHABET INC-CL A 1.2%
ALPHABET INC-CL C 1.1%
TESLA INC 1.0%
META PLATFORMS INC-CLASS A 0.9%
EXXON MOBIL CORP 0.9%
UNITEDHEALTH GROUP INC 0.8%

 

投資国で最も割合が高いのはアメリカです(68.8%)。銘柄はアップルの比率が最も高く設定されています(5.0%)。

 

つみたて先進国株式の特徴まとめ

  • 先進国経済の成長による株式市場価格の上昇を期待した運用ができる
  • 低コストで運用できる
  • カントリーリスクに対応できる